Corel PaintShopを使ってりんごをマスキング

投稿日: カテゴリー: WEB・DTP

Corel社のPaintshopを使って画像をマスキングする手順をまとめてみました。
※注 以下の手順はWindows使用の場合です。また、PaintShopのMacバージョンは出ていません。

1.Paintshopを開き、「編集」タブになっているのを確認し、対象の画像を読み込みます。
(ファイル→開くで、読み込む画像を選択します)
apple1-300x200

2.左側にあるツールバーから「ペンツール」を選択し、上のメニューバーでペンツールが「フリーラインの描画・ベジェ曲線」になっていることを確認します。

3.手順1で読み込んだりんご画像をトレースしていきます。ベジェ曲線を閉じるには、右クリックし、「編集」から「曲線を閉じる」を選択して線をオブジェクトにします。
apple2-300x246

4.マテリアルパレットを表示させ、パレット上で線を白の塗りに変えます。
apple3-300x196

5.オブジェクトが入っているレイヤー(手順4で白塗りにしたオブジェクトが入っているレイヤー)を選択した状態で、上のメニューバーの「選択状態」より「ベクターオブジェクトから作成」をクリックします。
apple4-300x200

6.オブジェクトから入っているレイヤーを選択したまま、ツールをペンツールからピックツール(矢印)に持ち替えます。
apple5-300x223

7.りんご画像のレイヤーを選択して、「選択範囲」から「反転」をクリックします。
apple6-300x223

8.完了。
appleGoal